1液型放熱性弾性接着剤

SX1008 / SX1010 / RH96L

(SX-TCAシリーズ)

特長

  • 熱伝導性の高い弾性体で、長期にわたり高い放熱性を維持します
  • 接点障害の原因となる低分子シロキサンを含みません
  • 接着信頼性・密着性が高い為、ビスの削減が可能です
  • 硬化物からブリードや肉やせがなく、硬化性グリースとして使用可能です
  • 硬化または半硬化するため、ポンプアウトが起こりません
  • 密着性・耐久性に優れ、垂直面や、振動が加わる部位への熱対策に使用可能です
  • 硬化時間が早く、作業効率が向上します
  • 標準タイプのSX1008、高粘度タイプのSX1010、高耐熱タイプ(150℃耐熱)のRH96Lをラインアップいたしました

熱対策に対するセメダインからの新たな提案

これまでの放熱材料の課題

 

熱対策としてこれまで使われてきた放熱グリース、放熱シートには「シロキサン含有による接点障害」「ポンプアウト」「加工ロス」「密着性の低下」などの課題がありました。

 

経時による歪みで、浮きや隙間が生じ、スペック通りの放熱性能が発揮されない。

セメダインの放熱接着剤「SX-TCAシリーズ」なら

 

○シロキサンフリーで接点障害が起こりません。
○硬化するので、グリースのようなオイルブリードやポンプアウトがありません。
○放熱シートのような打抜き加工の手間を省き、加工ロスも削減できます。
○液状ならではの良好な密着性を硬化後も安定して保持し、放熱シートの様な経時による浮き、隙間が生じにくいです。

セメダインSX-TCAシリーズの使い方(塗布〜硬化後まで)

 

○1成分形なので混合不要で、そのまま塗布できます。
○ジブチル錫化合物非含有で、欧州化学品規制(REACH)に対応しています。
○硬化後は弾性を有し、ヒートショック等の温度変化への耐性が優れています。
○温度変化による物性変化が少なく安定しています。

製品ラインアップ

項目 SX1008 SX1010 RH96L
外観 ホワイト ホワイト グレー
粘度(Pa.s) 120 650 250
放熱性(W/m・K) 1.8 2.0 2.4
使用可能温度(W/m・K) -40~120℃ -40~120℃ -40~150℃

追従性が高く、部品間の隙間をつくらない

放熱シート・・・部品と部品の間の空隙に追従できず、密着性が劣ることで放熱性能が非効率となる。

セメダインの放熱接着剤・・・部品と部品の間の空隙にもしっかり追従でき、効率的に放熱性能を引き出すことが出来る。